FC2ブログ

国内初!最新最高の物理治療

最新のレーザー治療を開始しました。

接骨院としては国内初導入です。
アスリート以外でも強い痛みや今まで悩んでいた痛みに効果を発揮します。

通常の施術では提供出来ませんのでご了承ください。





HPより抜粋

・アメリカでは多くの環境で使用されています。
今アメリカでは、レーザー治療が、NFL、MLB、NBA、NHL、サッカー、オリンピックチームでアスレチックトレーナーによる本質的な疼痛管理ツールとして採用されています。

ディープティシュレーザー治療は、光バイオ刺激を通して、アスリートの体自身の自然治癒プロセスを加速させます。
慢性症状や急性疾患および手術後疼痛を治療するのに有効です。



・レーザー治療の効果
 近年、オリンピックチームやプロアスリート達に広まっているレーザー治療のメカニズムをご紹介しましょう。レーザー治療は、傷ついた組織や、疲労した組織の細胞に直接働きかけてセルの代謝を高める事により治癒を促進してくれます。
 私たちは、このメカニズムをフォトバイオモジュレーションと呼んでいます。
 このようにトリートメントヘッドを軽く筋肉組織に押し当てることで、レーザーエネルギーが余分な水分に吸収されるのを防ぎ、より深い組織までの効果を可能にしました。
 レーザー光は通常、細胞組織に届くと、拡散、反射、吸収されますが、治療で使用できるのは吸収されたエネルギーです。
 赤外領域の650-1300nm のレーザー光は組織深部にまで到達し、メラニンやヘモグロビン、オキシヘモグロビン、水分等に吸収され光エネルギーとなります。
 フォトバイオモジュレーションの最も高度な仕事は、細胞内のミトコンドリア内膜にあるシトクロムC群を刺激することです。シトクロムCは細胞内の代謝に関する電子伝達の重要な役割を担っています。
 光によって刺激されたシトクロムCは、細胞内のエネルギー伝達を促進するATPを増産します。さらにレーザー光による刺激は一酸化窒素や、活性酸素等の生産も増加させます。
 一酸化窒素は血管拡張を促すのですぐに血行が良くなるだけでなく、様々な生理的過程において重要な役割を担っており、活性酸素はシグナリング経路に大きな効果を発揮し炎症反応を素早く押さえてくれます。
 これらのシグナリング分子は成長因子を誘発し、細胞運動や細胞増殖を促し、細胞外マトリックスの堆積やサバイバル経路の促進など、様々な効果を及ぼします。
また、細胞の外側では、一酸化窒素による血管拡張によって毛細血管内の血液循環を高め、損傷、疲労した組織に必要な酸素や糖分、タンパク質、塩分などを供給しながら、同時に老廃物の排出を促します。
 レーザーが持つ優れたメカニズムは40年以上の実験と研究によって立証されています。
 臨床現場においては、損傷した患部にレーザーエネルギーを供給するためには、少なくても8ワット以上の出力を出せる装置が必要です。高出力レーザーは臨床で組織深部に十分なエネルギーを供給する事を可能にし、痛みや炎症を劇的に緩和し治癒を促進します。
 それを可能にしたのが、ライトフォースプロです。
 ごらんのように、ライトフォースプロは、組織表層だけでなく、深部まで光エネルギーを供給する事を可能にしてくれました。
 しかも無痛なのです。
 近年の素晴らしい科学によって生まれたレーザー治療の効果を体感してください。


大垣市禾森町ののぎのもり接骨院では交通事故によるムチウチ治療など行っております。保険治療もご利用いただけます。 のぎのもり接骨院


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぎのもり接骨院

Author:のぎのもり接骨院
岐阜県大垣市にある『のぎのもり接骨院』のスタッフブログです。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
リンク